スーパーコンパニオンの料金は1人あたり1時間で1.5~2万円。グループの人数が増えるとハメをはずして泣きをみることに。遊び方の節度を大切に。

スーパーコンパニオンのエッチ度は高い?遊び方は?

スーパーコンパニオンだからエッチ度はピンクコンパニオンより上と考える男子が多いようですが実態は同じ。

本番も原則はナシです。

どう過ごすか考えておきましょう。

■呼び名が違うだけでエッチ度はどちらも同じ。

男子は性的な欲求が女子にくらべて強く、またそういう気持ちになる間隔も短いと言われています。

エッチ度を気にしたり本番を気にしたりするのは仕方のないことですが、スーパーコンパニオンだからといって、ピンクコンパニオンよりエッチ度が上ということはありません。

1人あたりの料金を比較しても、大きな違いはありません。

ほぼ呼び名が違うだけの話です。

■原則としてスーパーコンパニオンでも本番はナシ。

エッチ度といっても本番ナシというのが原則です。

言ってしまえば男子の性的中枢神経を刺激されて、いいように遊ばれてしまうといった側面もあります。

しかしそれを承知の上で遊んでしまうのが男子。

スーパーコンパニオンを呼ぶと決めたら、潔く割り切って遊びましょう。

スケスケの衣装を着て、お膝に抱っこ程度はありです。

■コスプレまでは行かなくても、せっかくスーパーコンパニオンと楽しむなら、遊びのプランはある程度作っておきましょう。

たとえば定番ではありますが、野球拳をしたり王様ゲームをしてエッチを命令したり、その程度のプランでもけっこうです。

同じ遊ぶならノープランで時間を無駄に過ごすより、ゲームをたくさん予定して濃密な時間を過ごしましょう。

先生と生徒役のコスプレなら、メガネと学生服の上着、学生帽だけでも遊べます。